イタリアを代表するコンペティションのデュオ部門で石丸瞳(ハープ)が2位獲得

8月30日―9月4日の間に行われた、イタリアのサルッツォにおける「Suoni D’Arpa」というイタリアを代表するコンペティションにおいて、石丸瞳(ハープ)と佐田奏生(尺八)が、デュオ部門において第2位に入賞という栄誉に浴した。いわゆるソロ部門(カテゴリーA)では、1位と3位に中国勢が入賞するなど躍進が目立った。先のUSコンペでも日本勢のエントリーや本選に残った例は実は増えており、これからの活躍が期待される。

RELATED ARTICLES 関連記事

2020.05.15

シカゴ交響楽団交響楽団の粋な計らい

2020.05.08

「ハープコラム」主催のニューミュージックコンテストの勝者決定

2020.04.17

【中止のお知らせ】明日のハープを占う2つのイベント

2020.04.03

ヴィクトール・ハルトバヌから動画コメント

2020.04.02

ヴィクトール・ハルトバヌ氏 来日演奏会動画レポート

2020.03.23

3月25日19時~テレビ朝日「あいつ今何してる?」古佐小基史が登場! 

2020.01.16

SANAEのエレクトリックハープ即興ライブ第2弾!

2020.01.09

ヨランダ・コンドナシスがグラミー賞にノミネート