ハープをもっと楽しみたい方も、弾いたことがない方も。
ハープと皆様を繋げるオンリー・ハープなWEBマガジン
ハープと皆様を繋げるWEBマガジン

US国際ハープコンテスト、日本からも参戦多数

 

 

 すでにお伝えしたとおり、6月29日から7月9日まで米・インディアナ州ブルーミントンで開催される、US国際ハープ第12回コンテスト(以下、USAIHC)に、21か国から48人のハープ奏者が参加することが発表された。USAIHCは、インディアナ大学のジェイコブズ音楽院で開催される3年に1度のコンテスト。18歳から32歳までのすべての国籍のハープ奏者に開かれたこのコンテストは、1989年にスーザン・マクドナルドによって設立され、それ以来有望株たちの登龍門となっている。今回注目すべきは、日本から田中渚、小島玲奈、景晨陽(ジン チェンヤン)、加美山舞、平井奈々子といった名前が英字のエントリー・ラインアップから推察できたこと。もちろん世界の壁は厚いが、今回は例年にない接戦が予想され、日本からのエントリーたちも誰が優勝してもおかしくないメンバーばかりが参戦する。吉報を待ちたい。(Photo from USAIHC HP)

関連記事
Related Articles