【体験レポート】英国王立音楽検定を受験してみた

 

 1889年に設立された英国王立音楽検定協会、通称アソシエイテッド・ボードは、世界最大規模の音楽検定を行っている。なんと120年以上の歴史と伝統を誇るこの検定は、約90ケ国で実施され、毎年約63万人以上が受検している。この団体の総裁は英国王室に継承され、現在はエリザベス女王が就任されている。受検科目は約35の「実技検定」(通訳付)があり、ハープ科もある。興味津々、ハープライフの部員が、皆様の代わりに春秋の年2回行われる検定を実際に受けてみた。

 

 グレードは1から8まであり、級数が上がるほどレベルが高くなる仕組み。今回はとりあえずグレード4のハープ実技試験にトライしてみた。さて内容は、大きく分けて2つのテストがあった。ハープ実技とオーラルテスト。実技では課題曲が3つあり、スケールとアルペジオを音域3オクターブで片手・両手・交互に弾く。アルペジオでは、これに音域4オクターブ両手で交互に弾くことが加わる。そして、譜面の初見演奏という内容だ。オーラルテストでは、初見で歌う。そして、曲の特徴やその根拠を問われ、何拍子であるか等を問われる。最後、ピアノのメロディを覚え、手でリズムを叩くことが要求される。以上が、全貌だ。採点の仕方は、合格点からプラスマイナスし、長所と短所のバランスをみながら、総合的に判断される。結果は、合格でした!

 

 受験してみて、幅広い音楽性を試すにはとても良い機会だと思った。伝統に裏打ちされた試験だし、音楽力を総合的・客観的に判断してくれるから、プロにとっても、ビジネス機会を広げるチャンスにも成り得る。まだ全体的にこなれていない部分もあり、事前の準備もそれなりに必要だ。けれども、日本に居ながらにして、英国王室があなたの音楽力に、いわばお墨付きを与えてくれるというのが、最大の魅力だ。まずは、資料請求書をダウンロードし、必要事項を記入したらメールに添付して以下のアドレスに送ってみよう。

 

●公益財団法人かけはし芸術文化振興財団 info@kakehashi-foundation.jp

 

●資料請求書 http://www.kakehashi-foundation.jp/abrsm/information/

RELATED ARTICLES 関連記事

2019.06.03

【NEWS】ファビウス氏からの最新メッセージ

2019.05.27

【新発売】ハープライフなオリジナル文具

2019.05.20

【チケット発売中】8月2日(金)ハープの日制定記念演奏会「プレイ・ヴェルディ ガラ・コンサート2019」

2019.05.14

Harp Life協賛コンサート第一弾発表!

2019.05.08

【New】イベントストリート

2019.04.19

【動画メッセージ】ハープ界の女王 ヤナ・ボウシュコヴァからのメッセージ

2019.04.08

アンネレーン・レナエルツ、新作発表

2019.03.26

【動画メッセージ】ロシア出身の新星ハーピスト、ソフィア・キプルスカヤ