シカゴ交響楽団交響楽団の粋な計らい

コロナウィルス禍のアメリカで、シカゴ交響楽団がタイムリーなプレゼントを発表した。

 

ステイホームによる遠隔会議で最近よく使われているアプリ「ZOOM」用の背景写真の無料ダウンロードを始めたのだ。

数点の写真のうち、同交響楽団の音楽監督を務める巨匠リッカルド・ムーティの指揮する雄姿や交響楽団のステージ写真に加え、われわれがついうれしくなるのが、多くの楽器の代表のような形でハープが選ばれ、ステージ中央で単独設置されている写真だ。

 

何かと沈みがちな昨今ではあるが、シカゴ響の気分が上がる粋な配慮に思わずほっこりしてしまう。

RELATED ARTICLES 関連記事

2021.08.20

今年も「草加」がやってくる!

2021.07.02

英国王立音楽検定、新たなグレードが新設

2021.04.01

ケルトハープの第一人者、菊地恵子が聖パトリックデーに寄せたコンサート

2021.03.15

平和の祈りをハープで奏でよう

2020.12.09

ハープライフ14号が発刊

2020.11.16

古佐小基史率いる「KOMAGA TRIO」発進!

2020.10.08

【アンコール上映中】ハープの日2020特別演奏動画

2020.10.08

ハープライフ13号発刊