「ハープコラム」主催のニューミュージックコンテストの勝者決定

ハープのオリジナル曲を増やすという目的で、ハープ専門誌「ハープコラム」が開催したニューミュージックコンテストにおいて、上位3席が発表された。

サム・ウー

 

1位は、オーストラリア出身のサム・ウー「・・雪の終わりはニルヴァーナ」。

 

2位にサーシャ・ボルダチョフの「さよなら、世界のハープ職人」。数年前に他界したヴィクトール・サルヴィへの鎮魂歌と思われる。

 

3位が同席で、ウノ・アレクサンダー・ヴェスジャの「ネクスト・ストップ」とホアン・パブロ・コントレラスの「ローラースケート再び」が入った。

 

3位は共にタイ在住であるのが、注目される。1位の賞金は500ドル。ハープの良好な楽曲をどんどん増やしていこうという主旨には大いに賛同できるコンテストであり、今後も注目される。

RELATED ARTICLES 関連記事

2020.11.16

古佐小基史率いる「KOMAGA TRIO」発進!

2020.10.08

【アンコール上映中】ハープの日2020特別演奏動画

2020.10.08

ハープライフ13号発刊

2020.08.31

亡き親友に捧ぐ鎮魂の演奏~レット・バーンウェル

2020.08.20

「アートにエールを!」SANAEが動画アップ

2020.08.03

ハープライフ12号刊行

2020.07.30

8月2日「ハープの日」の注目イベント

2020.05.15

シカゴ交響楽団交響楽団の粋な計らい