「ハープコラム」主催のニューミュージックコンテストの勝者決定

ハープのオリジナル曲を増やすという目的で、ハープ専門誌「ハープコラム」が開催したニューミュージックコンテストにおいて、上位3席が発表された。

サム・ウー

 

1位は、オーストラリア出身のサム・ウー「・・雪の終わりはニルヴァーナ」。

 

2位にサーシャ・ボルダチョフの「さよなら、世界のハープ職人」。数年前に他界したヴィクトール・サルヴィへの鎮魂歌と思われる。

 

3位が同席で、ウノ・アレクサンダー・ヴェスジャの「ネクスト・ストップ」とホアン・パブロ・コントレラスの「ローラースケート再び」が入った。

 

3位は共にタイ在住であるのが、注目される。1位の賞金は500ドル。ハープの良好な楽曲をどんどん増やしていこうという主旨には大いに賛同できるコンテストであり、今後も注目される。

RELATED ARTICLES 関連記事

2020.08.03

ハープライフ12号刊行

2020.07.30

8月2日「ハープの日」の注目イベント

2020.05.15

シカゴ交響楽団交響楽団の粋な計らい

2020.04.17

【中止のお知らせ】明日のハープを占う2つのイベント

2020.04.03

ヴィクトール・ハルトバヌから動画コメント

2020.04.02

ヴィクトール・ハルトバヌ氏 来日演奏会動画レポート

2020.03.23

3月25日19時~テレビ朝日「あいつ今何してる?」古佐小基史が登場! 

2020.01.16

SANAEのエレクトリックハープ即興ライブ第2弾!